コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蚊帳吊草/莎草 カヤツリグサ

デジタル大辞泉の解説

かやつり‐ぐさ【蚊×吊草/莎草】

カヤツリグサ科の一年草。畑や荒れ地に生え、高さ約40センチ。茎は三角柱、葉は線形。夏、茎の先に葉状の長い苞(ほう)をもつ黄褐色の穂を出す。茎を裂くと四辺形となり、蚊帳をつったように見える。かちょうぐさ。しゃそう。 夏》「淋しさの―を割きにけり/風生
カヤツリグサ科の単子葉植物の総称。草本。は断面が三角形をし、花は風媒花アゼガヤツリコゴメガヤツリカミガヤツリクログワイなども含まれ、4000種が世界に分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

蚊帳吊草/莎草の関連キーワードコゴメガヤツリ(小米蚊張吊)荒れ地黄褐色三角柱四辺形

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android