コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蚊帳吊草/莎草 カヤツリグサ

デジタル大辞泉の解説

かやつり‐ぐさ【蚊×吊草/莎草】

カヤツリグサ科の一年草。畑や荒れ地に生え、高さ約40センチ。茎は三角柱、葉は線形。夏、茎の先に葉状の長い苞(ほう)をもつ黄褐色の穂を出す。茎を裂くと四辺形となり、蚊帳をつったように見える。かちょうぐさ。しゃそう。 夏》「淋しさの―を割きにけり/風生
カヤツリグサ科の単子葉植物の総称。草本。茎は断面が三角形をし、花は風媒花アゼガヤツリコゴメガヤツリカミガヤツリクログワイなども含まれ、4000種が世界に分布。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone