コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒慈姑 クログワイ

デジタル大辞泉の解説

くろ‐ぐわい〔‐ぐわゐ〕【黒慈姑】

カヤツリグサ科の多年草。沼地に生え、高さ40~70センチ。秋、茎の先に茶色がかった穂をつける。また近縁のオオクログワイをさし、塊茎を食用にする。くわいづる。くわい。 春》沼尻に四五枚の田や―/冬葉」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろぐわい【黒慈姑】

カヤツリグサ科の水生多年草。茎は太く直立して叢生し、高さ約60センチメートル。地下茎の先に生ずるクワイに似た塊茎は食べられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黒慈姑 (クログワイ)

植物。オモダカ科の抽水性多年草,園芸植物。オモダカの別称

黒慈姑 (クログワイ)

学名:Eleocharis kuroguwai
植物。カヤツリグサ科の抽水性多年草

黒慈姑 (クログワイ)

植物。カヤツリグサ科の園芸植物,薬用植物。オオクログワイの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

黒慈姑の関連キーワード地下茎クワイ慈姑