コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛇蜻蛉 ヘビトンボ

2件 の用語解説(蛇蜻蛉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へび‐とんぼ【蛇蜻蛉】

脈翅(みゃくし)目ヘビトンボ科の昆虫。体長4センチくらいで暗黄色。頭は大きくて扁平、大あごが発達している。4枚の翅(はね)は幅広く透明で、黄色紋が散在し、静止するときは背上で屋根形に畳む。幼虫は川の中にすみ、孫太郎虫とよばれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へびとんぼ【蛇蜻蛉】

アミメカゲロウ目の昆虫。体長約4センチメートル。体形はややトンボに似る。幼虫は川底に生息し、孫太郎虫と呼ばれ、黒焼きにして子供の疳かんの薬とされる。九州以北の日本各地と東アジアに分布。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone