コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛋白質リン酸化酵素C たんぱくしつリンさんかこうそシーprotein kinase C

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蛋白質リン酸化酵素C
たんぱくしつリンさんかこうそシー
protein kinase C

生体内に広く分布し,cAMPに依存しない蛋白質リン酸化酵素。神戸大学医学部の西塚泰美らによって発見された。ホルモンや神経伝達物質などの外界からの刺激を受容し,細胞内に伝達する情報伝達系の中心となる酵素で,細胞の増殖,癌,免疫,記憶など多様な細胞応答に関与している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

蛋白質リン酸化酵素Cの関連キーワードBoot Camp環状AMPサイクリックAMPアデニル酸シクラーゼブート・キャンプHi-FiCAMPアデニル酸シクラーゼMacBook AirVMware Fusionアデノシン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android