コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛋白質リン酸化酵素C たんぱくしつリンさんかこうそシー protein kinase C

1件 の用語解説(蛋白質リン酸化酵素Cの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蛋白質リン酸化酵素C
たんぱくしつリンさんかこうそシー
protein kinase C

生体内に広く分布し,cAMPに依存しない蛋白質リン酸化酵素。神戸大学医学部の西塚泰美らによって発見された。ホルモン神経伝達物質などの外界からの刺激を受容し,細胞内に伝達する情報伝達系の中心となる酵素で,細胞の増殖,癌,免疫,記憶など多様な細胞応答に関与している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蛋白質リン酸化酵素Cの関連キーワードミリセチン鬼魳cAMP正リン酸ヘパラン硫酸ビアの法則(気象学)ポッケルスの方程式レーナルトの質量吸収法則原発政策生体内変化 (biotransformation)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone