コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂須賀小六 ハチスカコロク

百科事典マイペディアの解説

蜂須賀小六【はちすかころく】

安土桃山時代の武将。小六は幼名。本名正勝。尾張(おわり)蜂須賀村の土豪として,斎藤道三,織田信賢(のぶかた)らに仕えた。のち豊臣秀吉に従い美濃墨俣(みのすのまた)城の築城,中国征伐,四国征伐などに功をたてた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蜂須賀小六
はちすかころく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蜂須賀小六の言及

【蜂須賀正勝】より

…戦国期の武将。小六,彦右衛門尉と称する。尾張蜂須賀村(現,愛知県海部郡美和町)の土豪の子として出生。はじめ斎藤道三に仕え,のち岩倉城主織田信賢に従い,転じて犬山城主織田信清に属した。墨俣築塁のとき木下(豊臣)秀吉に付属したと伝える。1573年(天正1)秀吉から近江長浜で所領を与えられ,81年播磨竜野城主となる。秀吉の謀臣として山崎の戦,賤ヶ岳の戦,小牧・長久手の戦,四国征伐に従軍し,毛利氏との講和条件による領地境界決定で活躍した。…

※「蜂須賀小六」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

蜂須賀小六の関連キーワード美和(愛知県)戸部 新十郎安土桃山時代あま(市)蜂須賀家政美和[町]大仁田厚蜂須賀氏墨俣城野伏