コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜜蜂マーヤの冒険 みつばちマーヤのぼうけんDie Biene Maja und ihre Abenteuer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蜜蜂マーヤの冒険
みつばちマーヤのぼうけん
Die Biene Maja und ihre Abenteuer

ドイツの作家 W.ボンゼルスの童話。 1912年刊。巣を飛出し,冒険を重ねることによって成長する蜜蜂を擬人化して描いたもの。世界中に親しまれている児童文学の秀作。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みつばちマーヤのぼうけん【蜜蜂マーヤの冒険】

《原題、〈ドイツ〉Die Biene Maja und ihre Abenteuerボンゼルスの童話。1912年刊。自由にあこがれる蜜蜂のマーヤの、さまざまな冒険を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みつばちマーヤのぼうけん【蜜蜂マーヤの冒険 Die Biene Maja und ihre Abenteuer】

ドイツの作家ボンゼルスが1912年に刊行した動物物語。蜜蜂マーヤが外の世界にあこがれて巣にもどらず,多くの昆虫たちと知り合って生と死の実相を知り,最後にクマンバチにとらわれて,自分の巣の危機を察知し,帰ってきて一族を救うまでを語る。精密な観察と入念な擬人化,流麗な文章による詩的な自然描写で,子どもたちを魅了した。【神宮 輝夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みつばちマーヤのぼうけん【蜜蜂マーヤの冒険】

ボンゼルスの童話。1912年刊。外の世界にあこがれて故郷の町をとび出した蜜蜂のマーヤが、さまざまな冒険のすえに町に帰り、熊蜂の攻撃から町を守る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の蜜蜂マーヤの冒険の言及

【ボンゼルス】より

…ドイツの詩人,作家。ハンブルク近郊に生まれ,少年時代からインド,ブラジルに至る各地を放浪したのち,1919年以来ミュンヘン南方の小村に定住。新ロマン派的な詩,戯曲,小説などを書いたが,何よりも小説《みつばちマーヤの冒険Die Biene Maya und ihre Abenteuer》(1912)で世界的な名を得た。《インド紀行》(1916)も邦訳がある。自然界に創造の奇跡と神秘を探り,失われた人間本来のありかたを問うという作風は,晩年ことに意識的〈世界観文学〉への傾向を強めた。…

※「蜜蜂マーヤの冒険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蜜蜂マーヤの冒険の関連キーワードヴァルデマル ボンゼルス熊蜂

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android