蜜蜂マーヤの冒険(読み)みつばちマーヤのぼうけん(英語表記)Die Biene Maja und ihre Abenteuer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蜜蜂マーヤの冒険
みつばちマーヤのぼうけん
Die Biene Maja und ihre Abenteuer

ドイツの作家 W.ボンゼルスの童話。 1912年刊。巣を飛出し,冒険を重ねることによって成長する蜜蜂を擬人化して描いたもの。世界中に親しまれている児童文学の秀作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みつばちマーヤのぼうけん【蜜蜂マーヤの冒険】

《原題、〈ドイツ〉Die Biene Maja und ihre Abenteuerボンゼルスの童話。1912年刊。自由にあこがれる蜜蜂のマーヤの、さまざまな冒険を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みつばちマーヤのぼうけん【蜜蜂マーヤの冒険 Die Biene Maja und ihre Abenteuer】

ドイツの作家ボンゼルスが1912年に刊行した動物物語。蜜蜂マーヤが外の世界にあこがれて巣にもどらず,多くの昆虫たちと知り合って生と死の実相を知り,最後にクマンバチにとらわれて,自分の巣の危機を察知し,帰ってきて一族を救うまでを語る。精密な観察と入念な擬人化,流麗な文章による詩的な自然描写で,子どもたちを魅了した。【神宮 輝夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みつばちマーヤのぼうけん【蜜蜂マーヤの冒険】

ボンゼルスの童話。1912年刊。外の世界にあこがれて故郷の町をとび出した蜜蜂のマーヤが、さまざまな冒険のすえに町に帰り、熊蜂の攻撃から町を守る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の蜜蜂マーヤの冒険の言及

【ボンゼルス】より

…ドイツの詩人,作家。ハンブルク近郊に生まれ,少年時代からインド,ブラジルに至る各地を放浪したのち,1919年以来ミュンヘン南方の小村に定住。新ロマン派的な詩,戯曲,小説などを書いたが,何よりも小説《みつばちマーヤの冒険Die Biene Maya und ihre Abenteuer》(1912)で世界的な名を得た。《インド紀行》(1916)も邦訳がある。自然界に創造の奇跡と神秘を探り,失われた人間本来のありかたを問うという作風は,晩年ことに意識的〈世界観文学〉への傾向を強めた。…

※「蜜蜂マーヤの冒険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android