コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実相 じっそうtattvasya lakṣaṇam; bhūta-tathatā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実相
じっそう
tattvasya lakṣaṇam; bhūta-tathatā

仏教用語。あらゆるあり方の本性。真実の姿。ありのままの真実。漢訳「実相」に対応するサンスクリット原語は一様ではないが,いずれの場合も,単なる言葉で表現することのできない仏教の究極的な真実を示す。部派仏教に対し,特に大乗立場からみた真実を強調する場合に用いられる。その内容は諸教学によって異なるが,究極の立場を示す点ではいずれも同じ。中国仏教の一頂点をなす天台宗の教学が,『法華経』中の「諸法実相」の思想によって展開されたものであることは特に有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じっ‐そう〔‐サウ〕【実相】

実際のありさま。ありのままの姿。「社会の実相
仏語。真実の本性。不変の理法真如法性(ほっしょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっそう【実相】

実際のありさま・事情。 「社会の-」
〘仏〙 この世界の真実でありのままの姿。法性ほつしようや真如の別名とされる。 → 諸法実相

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

実相の関連キーワード京都府京都市左京区岩倉上蔵町山梨県北杜市武川町山高千葉県野田市関宿台町秋田県大館市釈迦内愛知県西尾市上町静岡県富士市岩本四顛倒・四顚倒文武二道万石通紙の中の黙示録権力への意志竜女が成仏万里一条鉄一実の円宗般若波羅蜜摩訶止観円成実性真如実相一真法界円実頓悟第一義諦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実相の関連情報