蝋燭足(読み)ロウソクアシ

デジタル大辞泉の解説

ろうそく‐あし〔ラフソク‐〕【××燭足】

《「ローソク足」とも書く》株式などの一定期間ごとの値動きを示すチャートの一つ。四角形の上下に直線の伸びた形が蝋燭に似るところからの名。直線の上端が最高値、直線の下端が最安値を表す。その間に始め値終わり値を上下の辺とする四角形を描き、値上がりのときは白地(陽線)で、値下がりのときは黒地(陰線)で表す。陰陽線。→日足(ひあし)週足(しゅうあし)月足(つきあし)年足(ねんあし)
[補説]始め値か終わり値が最高値の場合は上に伸びる線がなくなり、最安値の場合は下に伸びる線がなくなる。また、始め値と終わり値が同じ場合は、四角形がつぶれ、短い横線で表される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android