コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰線 インセン

デジタル大辞泉の解説

いん‐せん【陰線】

製図で、物の形を明らかにしたり、立体的に表したりするときに用いる線。ふつう、斜線を何本も密に引く。
物体に光を当てたときに、光の当たる面と当たらない面との境界をなす線。
蝋燭足(ろうそくあし)などで、終わり値始め値より安かったときに、その差額分を黒地で表した四角形。⇔陽線

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

陰線の関連キーワードコンピュータ・グラフィックスコンピュータ・グラフィクスフリーゲージトレイン陽線(ようせん)平田(島根県)広浜鉄道今福線福知山(市)チャート分析浜田(市)鳥取(県)境港(市)田中源太郎高野 悦子ろうそく鉄道唱歌今福線蝋燭足製図斜線

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android