コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰線(読み)インセン

デジタル大辞泉の解説

いん‐せん【陰線】

製図で、物の形を明らかにしたり、立体的に表したりするときに用いる線。ふつう、斜線を何本も密に引く。
物体に光を当てたときに、光の当たる面と当たらない面との境界をなす線。
蝋燭足(ろうそくあし)などで、終わり値始め値より安かったときに、その差額分を黒地で表した四角形。⇔陽線

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例