コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝤蛑 ガザミ

デジタル大辞泉の解説

がざみ【蝤蛑】

ワタリガニ科のカニ。浅海にすむ。甲は横長の菱形で、甲幅約15センチ。緑色を帯びた暗褐色をし、甲の前縁にはぎざぎざがある。最後の歩脚の先端は平たく、夜間に遊泳する。青森以南に分布。食用。わたりがに。がざめ。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がざみ【蝤蛑】

〔「かざみ」 「がさみ」 「がざめ」とも〕
海産のカニ。甲は横に長い菱形で、幅15センチメートル 内外。体色は暗青色で腹面は白い。肉は美味。青森以南の浅海の砂底にすみ、昼は海底の砂に埋まり、夜泳ぎまわる。ワタリガニ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蝤蛑 (ガザミ)

学名:Portunus trituberculatus
動物。ワタリガニ科のカニ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

蝤蛑の関連キーワード内外海底体色海産腹面

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android