コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝦夷線 えぞせん

百科事典マイペディアの解説

蝦夷線【えぞせん】

北海道の石狩苫小牧(とまこまい)を結ぶ植物地理学上の境界線。南部は本州北部とよく似た植生を示し,ブナなどを主とした夏緑林が発達するが,北部はエゾマツトドマツなどの針葉樹林イタヤカエデカツラなどの夏緑林が混じり,植物の分布が異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

蝦夷線の関連キーワード植物区系

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android