蝶ネクタイ(読み)ちょうネクタイ

精選版 日本国語大辞典「蝶ネクタイ」の解説

ちょう‐ネクタイ テフ‥【蝶ネクタイ】

〘名〙 (ネクタイはnecktie) 結びにしてつけるネクタイ。ボータイ
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉五「蝶ネクタイをして、太いズボンをはいた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蝶ネクタイ」の解説

ちょう‐ネクタイ〔テフ‐〕【×蝶ネクタイ】

蝶結びにしたネクタイ。主として礼装用。ボータイ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蝶ネクタイの言及

【ネクタイ】より

…(4)蝶タイ ボー・タイbow tieのこと。蝶結びにしたネクタイで日本では蝶ネクタイとも。(5)ひもタイ ストリング・タイstring tie,コード・タイcord tie,ボヘミアン・タイBohemian tieとも。…

※「蝶ネクタイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android