コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

融蝕縁 ゆうしょくえんcorrosion border, corrosion mantle

岩石学辞典の解説

融蝕縁

安定な状態にあった鉱物がその後マグマの中で異なった条件となり,融蝕反応によって斑晶の外形が不規則に変化する結果,円味を帯びた輪郭を指す.結晶の側面で融蝕が進むと入江状などになる.融蝕縁はその結晶と異なった種類の鉱物で形成される[Rosenbusch:1907].corrosion mantleも同じ[Pratt & Volney Lewis : 1906].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android