コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

融蝕縁 ゆうしょくえんcorrosion border, corrosion mantle

岩石学辞典の解説

融蝕縁

安定な状態にあった鉱物がその後マグマの中で異なった条件となり,融蝕反応によって斑晶の外形が不規則に変化する結果,円味を帯びた輪郭を指す.結晶の側面で融蝕が進むと入江状などになる.融蝕縁はその結晶と異なった種類の鉱物で形成される[Rosenbusch:1907].corrosion mantleも同じ[Pratt & Volney Lewis : 1906].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android