コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠義(読み)チュウギ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐ぎ【忠義】

[名・形動]主君や国家に対し真心を尽くして仕えること。また、そのさま。「忠義を尽くす」「忠義な振る舞い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうぎ【忠義】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
主君や国家に対して真心をもって仕える・こと(さま)。忠節。忠誠。 「 -を尽くす」 「 -な家臣」 「 -者」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の忠義の言及

【忠】より

…しかし,親子に発して家を支えるが,忠と対立することも避けがたく,《平家物語》にあらわれる平重盛が,君に忠ならんとすれば孝ならず,親に孝ならんとすれば忠ならずと嘆いて父清盛を諫めた話は,広く知られている。近世の社会では,忠は将軍と大名,大名と家臣にはじまり,すべての主従関係の根幹をなすものとされ,さまざまな道学的な説明のほかに,忠義の美談や,忠言が受け容れられずに苦悩する人間の姿を描いた読物や劇がつぎつぎにあらわれた。近世の社会が動揺しはじめると,忠孝一致(吉田松陰),忠孝一本(藤田東湖)というように,忠への一元化が強調されるようになり,やがて近代には,忠の対象が天皇に集中していくことになった。…

※「忠義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忠義の関連情報