コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟻壁 ありかべ

大辞林 第三版の解説

ありかべ【蟻壁】

天井と蟻壁長押なげしとの間の壁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ありかべ【蟻壁】

おもに書院客殿など住宅建築において,天井のすぐ下に設けられた丈の低い壁をいう。普通は上長押(かみなげし)(蟻壁長押ともいう)と天井の回り縁(まわりぶち)との間に横板をはめてしっくいを塗り,下方の壁とは違って柱面より外に付く。書院や客殿では猿頰天井(さるぼおてんじよう)(竿縁天井の一種)が多く用いられ,竿縁の割りが柱や束(つか)と少しずれるが,蟻壁を設けると柱や束が隠されるので,そのずれが目立たなくなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

蟻壁の関連キーワード小壁

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android