コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蠅取り紙 ハエトリガミ

デジタル大辞泉の解説

はえとり‐がみ〔はへとり‐〕【×蠅取り紙】

ハエを捕らえるために粘着性の物質を塗った紙。多く、天井から下げて用いる。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はえとりがみ【蠅取り紙】

ハエを取るために、ねばる薬液を塗った紙。天井からつるすテープ状にしたものは蠅取りリボンという。はえとりし。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蠅取り紙の関連キーワード蠅取り薬液

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android