蠐螬(読み)スクモムシ

精選版 日本国語大辞典の解説

すくも‐むし【蠐螬】

〘名〙 「じむし(地虫)①」の古名。《・夏》 〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※古活字本毛詩抄(17C前)三「頸すぢの白く儼は、すくも虫の様なぞ」

せい‐そう ‥サウ【蠐螬】

〘名〙 昆虫「じむし(地虫)」の異名。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔荘子‐至楽〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の蠐螬の言及

【コガネムシ(黄金虫∥金亀子)】より

…古代エジプト人はタマオシコガネ(スカラベ)を太陽神ケペリの化身としてあがめた。中国ではコガネムシ類(食葉群,食糞群)の幼虫を〈蠐螬(せいそう)〉と呼ぶ。古くから生薬(しようやく)として用いたことが《本草綱目啓蒙》などに記され,現在でも市販されている。…

※「蠐螬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android