コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血の気 チノケ

デジタル大辞泉の解説

ち‐の‐け【血の気】

皮膚にあらわれている、生き生きと血の通った赤い色つや。血色。「顔から血の気が失せる」「血の気のない唇」
感情の高まりのままにすぐ行動する元気。血気(けっき)。「血の気の多い若者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちのけ【血の気】

血の通っているようす。血色けつしよく。 「 -が失せる」 「 -のない顔」 「 -が戻る」
物事に激しやすい気質。興奮しやすい心意気。血気けつき。 「 -の多い若者」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

血の気の関連キーワードレイトン(Irving Layton)引く・曳く・退く・牽く・惹く差す・射す・点す・止す青白い・蒼白い血の気が引く腹部外傷さあっと青ざめる血が引く青くなる青白い死人色失せるめまい土気色多血漢真っ青差す血気土色

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血の気の関連情報