コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血の評議会 ちのひょうぎかいBroedraad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血の評議会
ちのひょうぎかい
Broedraad

ネーデルラントの反乱を阻止する目的で,スペイン側が 1567年に開設した特別法廷の通称。オランダ独立戦争の初期,スペイン王フェリペ2世により派遣されたアルバ公は反乱者を弾圧するために騒擾評議会を設置し,反抗する新教徒を捕え,スペインの国教である旧教の立場から宗教裁判の形式で,残酷な死刑を判決,執行し,民衆から「血の評議会」と恐れられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

血の評議会の関連キーワードネーデルラントエフモントホールネ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android