血管外科(読み)けっかんげか(英語表記)vascular surgery

世界大百科事典 第2版の解説

けっかんげか【血管外科 vascular surgery】

血管病変の手術治療を扱う外科の一分野。1950年代以降,動脈あるいは静脈疾患に対する手術的治療は長足進歩をとげた。今日行われている手術方法の多くは,以前にはほとんど考えられないものであった。外科医の知識の進歩,手術手技の改良,および合成代用血管や縫合材料のように工業の助けを借りた新しい手術材料の進歩の結果,血管外科は特殊領域として独自に開発されてきた。しかし,一般外科と血管外科を分離することはきわめて困難である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血管外科の関連情報