コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血管外科 けっかんげかvascular surgery

世界大百科事典 第2版の解説

けっかんげか【血管外科 vascular surgery】

血管病変の手術的治療を扱う外科の一分野。1950年代以降,動脈あるいは静脈の疾患に対する手術的治療は長足進歩をとげた。今日行われている手術方法の多くは,以前にはほとんど考えられないものであった。外科医の知識の進歩,手術手技の改良,および合成代用血管や縫合材料のように工業の助けを借りた新しい手術材料の進歩の結果,血管外科は特殊領域として独自に開発されてきた。しかし,一般外科と血管外科を分離することはきわめて困難である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

血管外科の関連キーワードMRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)肺炎バージャー病(閉塞性血栓血管炎)西北五広域連合のマスタープラン静脈の病気で受診する診療科日本心臓血管外科学会急性腸間膜動脈閉塞症レーザー治療装置曲直部 寿夫標榜診療科下肢静脈瘤木本 誠二鈴木章夫心臓外科川島康生向井千秋腎移植外傷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血管外科の関連情報