血管移植(読み)けっかんいしょく(英語表記)vascular grafting

世界大百科事典 第2版の解説

けっかんいしょく【血管移植 vascular grafting】

病変部を切除した後に欠損部の血管を補塡(ほてん)したり,血管の閉塞部に架橋するようにしてバイパスをつくったりするときに行われる血管の移植。前者は置換血管移植と呼ばれ,動脈瘤やきわめて限局した動脈閉塞,あるいは外傷などで行われる。一方,後者はバイパス血管移植と呼ばれ,多少範囲の広い瀰漫(びまん)性の動脈閉塞に対して行われる。代用血管としては,鎖骨下動脈あるいは腸骨動脈程度までのところでは合成代用血管(人工血管)が,それより末梢で体の運動により移植部位が屈曲するようなところには自家大伏在静脈が用いられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の血管移植の言及

【人工血管】より

血管移植の材料として用いられる人工の血管。人工血管の研究は古くから行われてきたが,今日広く用いられている血管の中膜の弾性繊維を人工的に作製するという意味で,人工血管を発表したのは1952年ブレークモアA.H.Blakemoreが最初である。…

※「血管移植」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android