コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血脇守之助 ちわき もりのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

血脇守之助 ちわき-もりのすけ

1870-1947 明治-昭和時代の歯科医学者。
明治3年2月1日生まれ。新聞記者,英語教師をつとめたのち,高山歯科医学院にまなぶ。明治33年同学院を継承し,東京歯科医学院と改称。40年東京歯科医専(現東京歯大)とし,校長となる。歯科医師法の制定につくし,日本歯科医師会初代会長。高山歯科医学院の学生だった野口英世の後援者として知られる。昭和22年2月24日死去。78歳。千葉県出身。慶応義塾卒。旧姓は加藤。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

血脇守之助

我孫子宿の旅館で生まれ、我孫子尋常小学校(現・我孫子市立我孫子第一小学校)の校長だった杉山英(えい)に見いだされて勉学に励む。英語教師時代に米国で歯科医が社会的に高く評価されていることを知り、東京にあった高山歯科医学院で学ぶ。後に学院を継承し、東京歯科医学院を設立。1946(昭和21)年に東京歯科大学へと発展させ、現在の歯科医教育の基礎を築いた。

(2017-04-21 朝日新聞 朝刊 千葉全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

血脇守之助の関連キーワード高山 紀斎昭和時代我孫子