コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行信(2) ぎょうしん

1件 の用語解説(行信(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行信(2) ぎょうしん

?-? 奈良時代の僧。
奈良薬師寺の僧。「続日本紀」によると,天平勝宝(てんぴょうしょうほう)6年(754)東大寺の大仏建立の際,宇佐八幡宮大神杜女(おおみわの-もりめ),大神田麻呂(たまろ)らと厭魅(えんみ)(のろい)をおこなった罪にとわれ,下野(しもつけ)(栃木県)薬師寺に流された。法隆寺の行信と同一人物とする説もある。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone