コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行助入道親王(1) ぎょうじょにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(行助入道親王(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行助入道親王(1) ぎょうじょにゅうどうしんのう

1360-1386 南北朝時代,後光厳(ごこうごん)天皇の第3皇子。
延文5=正平(しょうへい)15年生まれ。9歳で親王となり,近江(おうみ)(滋賀県)の天台宗園城寺(おんじょうじ)円満院で出家。房聖(ぼうしょう)から灌頂(かんじょう)をうけ,一身阿闍梨(あじゃり)となる。摂津四天王寺(大阪府)の別当,円満院門跡(もんぜき)をつとめた。至徳3=元中3年9月10日死去。27歳。名は煕平。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

行助入道親王(1)の関連キーワードヤギエウォ朝五山・十刹ポーランド史赤松氏範足利義持十刹ドナテロヤゲロー朝京都五山ゼンパハの戦

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone