コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行助入道親王(1) ぎょうじょにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行助入道親王(1) ぎょうじょにゅうどうしんのう

1360-1386 南北朝時代,後光厳(ごこうごん)天皇の第3皇子。
延文5=正平(しょうへい)15年生まれ。9歳で親王となり,近江(おうみ)(滋賀県)の天台宗園城寺(おんじょうじ)円満院で出家。房聖(ぼうしょう)から灌頂(かんじょう)をうけ,一身阿闍梨(あじゃり)となる。摂津四天王寺(大阪府)の別当,円満院門跡(もんぜき)をつとめた。至徳3=元中3年9月10日死去。27歳。名は煕平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

行助入道親王(1)の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android