コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行助入道親王(1) ぎょうじょにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(行助入道親王(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行助入道親王(1) ぎょうじょにゅうどうしんのう

1360-1386 南北朝時代,後光厳(ごこうごん)天皇の第3皇子。
延文5=正平(しょうへい)15年生まれ。9歳で親王となり,近江(おうみ)(滋賀県)の天台宗園城寺(おんじょうじ)円満院で出家。房聖(ぼうしょう)から灌頂(かんじょう)をうけ,一身阿闍梨(あじゃり)となる。摂津四天王寺(大阪府)の別当,円満院門跡(もんぜき)をつとめた。至徳3=元中3年9月10日死去。27歳。名は煕平。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

行助入道親王(1)の関連キーワード北朝延文応安康安貞治文和右衛門佐局(1)少納言内侍(2)治子内親王陽禄門院

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone