コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後高倉院 ごたかくらいん

3件 の用語解説(後高倉院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後高倉院
ごたかくらいん

[生]治承3(1179).京都
[没]貞応2(1223).5.14. 京都
高倉天皇の第2皇子。名は守貞。母は七条院藤原殖子 (やすこ。坊門信隆の娘) 。承久の乱後,王子茂仁が即位して後堀河天皇になると,太上法皇 (→太上天皇 ) と呼ばれて,院政を行なった。位につかずに太上法皇を称した最初である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後高倉院 ごたかくらいん

1179-1223 鎌倉時代の尊称天皇。
治承(じしょう)3年2月28日生まれ。高倉天皇の第2皇子。母は藤原殖子(しょくし)(七条院)。安徳天皇の異母弟で,後鳥羽(ごとば)天皇(のち上皇)の同母兄。平氏に養育され,平氏滅亡後親王となり出家。承久(じょうきゅう)の乱後,第3王子の茂仁(ゆたひと)が皇位をついで後堀河天皇となったため,天皇の位につかぬまま異例の太上天皇の尊号が贈られ,院政をしいた。貞応(じょうおう)2年5月14日死去。45歳。諱(いみな)は守貞。法名は行助。別名に持明院法皇,広瀬院など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごたかくらいん【後高倉院】

1179‐1223(治承3‐貞応2)
高倉天皇の第2皇子。後鳥羽天皇の同母(七条院)兄。名は守貞。生後平知盛に養育され,平氏の西走に従ったが,やがて帰洛。1189年(文治5)親王宣下。1212年(建暦2)出家,法名を行助,世に持明院宮と称したが,21年承久の乱に勝利した幕府の意向により,子茂仁が即位(後堀河天皇),みずからは太上法皇として,皇位を経ぬまま異例の院政を開始した。京都北白河に葬り,後高倉院と諡号(しごう)。【杉橋 隆夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の後高倉院の言及

【上皇】より

…大宝令制定以後は,譲位した天皇は自動的に太上天皇と称され,持統より平城まで7人の上皇が出現したが,823年(弘仁14)嵯峨天皇が譲位に当たり太上天皇の尊号を辞退したため,淳和天皇が詔して尊号をたてまつり,以後これが常例となり,譲位後数日ないし十数日の間に新帝から尊号をたてまつる詔を発する儀制が成立し,嵯峨より江戸末期の光格まで,北朝の上皇を含めて53人の上皇が尊号をうけた。そのほか,皇位につかずして太上天皇の尊号をうけた例に,後堀河天皇の父守貞親王(後高倉院)と後花園天皇の父貞成親王(後崇光院)があり,没後に尊号を追贈された例に,後陽成天皇の父誠仁親王(陽光院)と光格天皇の父典仁親王(慶光天皇)がある。太上天皇の異称には,上記の略称のほか,〈おりゐのみかど〉〈もとのうへ〉〈むなしきふね〉などの和風のものもあり,みな譲位の意による称で,〈むなしきふね〉は中国に出典のある〈虚舟〉の和訓である。…

【八条院】より

…しかし春華門院は八条院の後を追うように同じ年(1211)に世を去り,八条院領はその猶子順徳天皇に伝えられ,後鳥羽の管領下に入った。 承久の乱後,幕府はいったんこれを没収したが,あらためて後高倉院に進めた。そのとき(1221)の目録によると荘園数はさらに増加し,庁分79,安楽寿院領48,歓喜光院領26,蓮華心院領15,智恵光院領5,真如院領10,弘誓院領8,禅林寺今熊野社領3,〈新御領〉2,〈京御領〉21,祈禱所4などとなっている(〈三宝院文書〉)。…

※「後高倉院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

後高倉院の関連キーワード叡空平盛子藤原信隆平氏政権博多どんたく歓喜院聖天堂俊寛ヤークートゲットー言談

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone