コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松氏範 あかまつうじのり

3件 の用語解説(赤松氏範の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤松氏範
あかまつうじのり

[生]元徳2(1330)
[没]元中3=至徳3(1386).9.2. 播磨,清水
南北朝時代の武将。則村の子,則祐の弟。父の死後兄と不和となり南朝方として活躍した。しかし正平 15=延文5 (1360) 年赤松宮の反逆に加わり南朝に敵対,敗れて播磨に帰り,同国清水で自害した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松氏範 あかまつ-うじのり

1330-1386 南北朝時代の武将。
元徳2年生まれ。赤松則村(のりむら)の4男。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)で南朝に帰順し興良(おきよし)親王にしたがう。延文5=正平(しょうへい)15年興良親王とともに南朝にそむき賀名生(あのう)の行宮(あんぐう)を焼き打ちするが敗れる。のちふたたび南朝方につき,播磨(はりま)(兵庫県)清水で挙兵したが足利軍に敗れ,至徳3=元中3年9月2日討ち死にした。57歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

赤松氏範

没年:至徳3/元中3.9.2(1386.9.25)
生年:元徳2(1330)
南北朝時代の武将。則村の4男。弾正少弼。足利尊氏・直義が争った観応の擾乱最中の観応2/正平6(1351)年7月,兄則祐と共に赤松宮(護良親王の子)を奉じて南朝に属したが,翌年3月,兄共々北朝に復帰。しかしまもなく氏範のみは南朝に戻り,文和2/正平8年6月,南朝の公家四条(藤原)隆俊と京都を攻撃する。延文5/正平15年,赤松宮と共に賀名生(奈良県吉野郡)を焼き打ちして南朝にも反旗を翻すが敗れて逃亡。その後再び南朝に復し何度か挙兵したがいずれも失敗し,播磨清水寺で敗死した。

(榎原雅治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤松氏範の関連キーワード赤松範資山名時義少弼忽那重勝島津忠兼(1)田所信高南部政行波多野通貞山名義理結城朝常

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone