表計算ソフト(読み)ヒョウケイサンソフト

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

表計算ソフト

多数のセルで構成された表の形をした画面にデータを入力し、計算や集計に使うソフトウェア。関数を用いた複雑な計算、グラフ機能、データベース機能、マクロ機能などを備えている。見積書や請求書の作成、財務シミュレーション、住所録などの一覧表、企画書や報告書の作成など幅広く利用される。代表的なものに、マイクロソフト社のExcelや、OpenOffice.orgのCalcなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

表計算ソフト

ビジネス用ソフトの一種で、画面を集計表に見立てて表を作り、自動的に数値を集計したりグラフを作ったりできるソフトのことです。マイクロソフト・オフィスの「Excel」が代表的です。
⇨Excel、セル、ワークシート

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょうけいさん‐ソフト〔ヘウケイサン‐〕【表計算ソフト】

spreadsheet》コンピューターで、集計用紙のような表形式で種々の計算を行うアプリケーションソフト。数値データの集計、算術計算、グラフやデータベースの作成、高度な統計分析などをうことができ、業務用のソフトウエアとして広く普及している。スプレッドシート表計算プログラム表計算アプリケーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ひょうけいさんソフト【表計算ソフト】

数値データの集計や分析をするアプリケーションソフトの総称。縦横にマス目(セル)が並んだ集計用紙のような形式で、合計、平均値をはじめとするさまざまな計算や統計分析、グラフの作成などができる。ワープロソフトプレゼンテーションソフトとともに、代表的な業務ソフトのひとつとして広く普及している。マイクロソフトの「Microsoft Excel」、ジャストシステムの「三四郎」などがある。◇「スプレッドシート」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表計算ソフトの関連情報