自惚鏡(読み)うぬぼれかがみ

精選版 日本国語大辞典「自惚鏡」の解説

うぬぼれ‐かがみ【自惚鏡】

〘名〙
① (容貌を実際よりよく見えるようにするところからとも、うぬぼれて絶えず見るからともいう) ガラスの裏面水銀をぬった、安価な懐中鏡。おのぼれかがみ。
※滑稽本・指面草(1786)小「衣類の好み身の嗜に朝夕の心づかひ、己恍惚(ウヌボレ)鏡に移しては」
② 比喩的に、うぬぼれの気持やうぬぼれ屋をいう。
人情本仮名文章娘節用(1831‐34)前「十九文やの見せさきのやうに、うぬぼれかがみが沢山だヨ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android