被限定者不二一元論(読み)ひげんていしゃふにいちげんろん

世界大百科事典 第2版「被限定者不二一元論」の解説

ひげんていしゃふにいちげんろん【被限定者不二一元論】

インド哲学の主流であるベーダーンタ哲学の中の一学説。サンスクリットでビシシュタードバイタviśiṣṭādvaitaと呼ばれる。限定不二一元論とも訳される。バクティ(信愛)を強調する大衆的ナーラーヤナ崇拝をベーダーンタ哲学によって哲学的に基礎づけたラーマーヌジャ(1017‐1137)が,シャンカラの不二一元論を厳しく批判して主張したもの。個我(アートマン)はブラフマンの身体,様相であるから,個我はブラフマンを本性としている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の被限定者不二一元論の言及

【ラーマーヌジャ】より

…この限定されたブラフマンは他の2実在と不二である。この点から彼の哲学的立場は被限定者不二一元論といわれる。解脱を求める者はもろもろの宗教上の義務を実践し,神を信愛するとき,神はそれをよみし,神の恩寵によって個我を覆う暗黒は追い払われ,彼は解脱する。…

※「被限定者不二一元論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android