コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信愛 シンアイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐あい【信愛】

[名](スル)
信用してたいせつにすること。
「世の中で自分が最も―しているたった一人の人間すら」〈漱石こゝろ
信仰と愛。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんあい【信愛】

( 名 ) スル
信用してかわいがること。 「自分が最も-してゐるたつた一人の人間/こころ 漱石
信仰と愛。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の信愛の言及

【バクティ】より

…インドの宗教,とくにヒンドゥー教における重要概念。これは,最高の人格神に,肉親に対するような愛の情感を込めながらも絶対的に帰依することであり,ふつう〈信愛〉と訳されている。ベーダの祭式は,王侯や司祭階級バラモンたちの独占するところであり,またウパニシャッドに説かれる自己と宇宙に関する深遠な洞察は,知的エリートにのみ可能であった。…

※「信愛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

信愛の関連キーワードマドゥスーダナ・サラスバティーハレー・クリシュナ運動マーニッカバーサガル被限定者不二一元論ポンパドゥール夫人バガバッドギーターベーダーンタ学派トゥルシーダーストゥカーラームヒュペーリオンラーマーヌジャラーマーナンダたかし よいち大石 ヨシエアールワールニンバールカナーヤナールエークナートナームデーオ金井 為一郎

信愛の関連情報