信愛(読み)しんあい

精選版 日本国語大辞典「信愛」の解説

しん‐あい【信愛】

〘名〙
頼して大切にすること。
信長記(1622)一五上「他邦の佞臣は賢者のあとへ入かはり彼(かの)信愛(シンアイ)をかうむる」 〔宋史‐胡瑗伝〕
信仰愛情

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「信愛」の解説

しん‐あい【信愛】

[名](スル)
信用してたいせつにすること。
の中で自分が最も—しているたった一人の人間すら」〈漱石こゝろ
信仰と愛。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の信愛の言及

【バクティ】より

…インドの宗教,とくにヒンドゥー教における重要概念。これは,最高の人格神に,肉親に対するような愛の情感を込めながらも絶対的に帰依することであり,ふつう〈信愛〉と訳されている。ベーダの祭式は,王侯や司祭階級バラモンたちの独占するところであり,またウパニシャッドに説かれる自己と宇宙に関する深遠な洞察は,知的エリートにのみ可能であった。…

※「信愛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android