コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袱紗帯 フクサオビ

デジタル大辞泉の解説

ふくさ‐おび【××紗帯】

塩瀬(しおぜ)・綸子(りんず)・縮緬(ちりめん)などの柔らかい絹布で作った腹合わせ帯。江戸時代から大正時代まで用いられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくさおび【袱紗帯】

羽二重や綸子りんずなどの柔らかい布地で仕立てた腹合わせ帯。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の袱紗帯の言及

【袱紗】より

…服紗,覆紗,帛紗などと書かれ,それぞれの使途によって使い分けられている。服紗小袖,袱紗帯のごとく柔らかな絹布で作ったもの,風呂敷または掛袱紗のように進物や貴重品を包んだり覆う用途のもの,あるいは袱紗料理のごとく本膳でない略式のものを指すこともある。茶の湯では,古帛紗(小帛紗とも書く),使い(持ち)帛紗,出し帛紗などと称される。…

※「袱紗帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

袱紗帯の関連キーワード羽二重塩瀬袱紗

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android