コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判準則 さいばんじゅんそく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裁判準則
さいばんじゅんそく

裁判基準ともいい,裁判所の判断の基礎になる法または原則をいう。国際司法裁判所規程 38条は,国際条約,国際慣習法法の一般原則,法則決定の補助手段としての判例および学説をあげ,さらに当事者の合意があるときには「衡平と善」を用いることができるとする。古来の仲裁裁判においては,司法的解決におけるよりも,衡平が準則とされることが多かったといわれる。また現在では,国際組織の決議が裁判準則として用いられる場合があり注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android