コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判準則 さいばんじゅんそく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裁判準則
さいばんじゅんそく

裁判基準ともいい,裁判所の判断の基礎になる法または原則をいう。国際司法裁判所規程 38条は,国際条約,国際慣習法法の一般原則,法則決定の補助手段としての判例および学説をあげ,さらに当事者の合意があるときには「衡平と善」を用いることができるとする。古来の仲裁裁判においては,司法的解決におけるよりも,衡平が準則とされることが多かったといわれる。また現在では,国際組織の決議が裁判準則として用いられる場合があり注目される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android