コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際慣習法 コクサイカンシュウホウ

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐かんしゅうほう〔‐クワンシフハフ〕【国際慣習法】

国際慣習に基づく法で、大多数の国家間で法的拘束力を有するもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こくさいかんしゅうほう【国際慣習法】

諸国の慣行を基礎に形成された国際法規。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際慣習法
こくさいかんしゅうほう

慣習国際法」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国際慣習法の関連キーワード外交関係に関するウィーン条約条約法に関するウィーン条約政治犯罪人不引渡しの原則自国民不引渡しの原則コンベンション国連海洋法会議神戸水兵事件ソフト・ロー国際司法裁判戦時禁制品大陸棚条約無害航空権不可侵権原爆判決戦争犯罪裁判準則無害通航政治亡命領事特権国際犯罪

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際慣習法の関連情報