コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裂果(読み)レッカ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裂果
れっか

果実が発育中あるいは収穫・輸送中などに割れる現象をいい、経営上の問題となる。発育中の裂果は、果皮の発育が果肉の発育より小さいときにおこる。一因は遺伝的で、種や品種によりおきやすいものがある。また、栽培的には、土壌が浅く保水力のない圃場(ほじょう)で、乾いたあとに雨があると多発する。結果過多、房内の果粒の密着、病菌付着なども原因となる。柑橘(かんきつ)類、欧州系ブドウ、ネクタリン、日本ナシ、トマト、スイカなどにみられる。輸送中の裂果は皮の薄いスイカに多い。[飯塚宗夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の裂果の言及

【実】より

…果皮の形態に基づいて実を分類すると次のようになる。まず果皮が乾いている乾果dry fruitと多汁質の液果fleshy fruitに二大別され,乾果はさらに果皮が裂開して種子が外へ出る裂果dehiscent fruitと裂開しない閉果indehiscent fruitに分けられる。裂果はふつう多数の種子をもつ実にみられ,裂開は離生めしべでは,心皮の辺縁の合着部(シャクヤク),心皮の背側(モクレン),合着部と背側の両方(マメ類)にそって起こる(図4)。…

※「裂果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android