コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

装荷ケーブル ソウカケーブル

百科事典マイペディアの解説

装荷ケーブル【そうかケーブル】

減衰量を少なくするため,一定距離ごとにインダクタンス(コイル)を挿入する方式の通信ケーブル。元来,長距離通信用に開発されたが,信号の伝搬速度がおそくなる,位相ひずみを生ずる,ある周波数以上になると減衰が急増するなどの欠点のため,現在では長距離には無装荷ケーブル同軸ケーブル光ファイバーケーブルが多用され,装荷ケーブルは短距離市外回線,同一交換区域内の電話局相互の中継線等に用いられている。
→関連項目海底ケーブル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の装荷ケーブルの言及

【電気通信】より

…しかしケーブル線路の問題の一つは,長距離回線になると減衰が著しくなることである。当初はこの減衰を電気回路的に補償する方式として1900年にピューピンMichael Idyorsky Pupin(1858‐1935)により発明された装荷ケーブルが用いられた。これはケーブルのところどころに装荷線輪と呼ばれるコイルを直列に挿入し,線間容量による信号減衰を等化補償するものである。…

※「装荷ケーブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

装荷ケーブルの関連キーワード無装荷ケーブル搬送方式搬送ケーブル松前 重義電気工学小林宏治松前重義多重通信

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android