補色フィルター(読み)ほすうふぃるたー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

補色フィルター

RGBの補色であるC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)にG(グリーン)を加えた4画素で構成されるCCD用のカラーフィルター。本来、CCDは光の強弱を電圧に変換するものなので、カラーフィルターで色を分ける必要がある。補色フィルターは感度が高く解像度も高い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほしょく‐フィルター【補色フィルター】

complementary color filterデジタルカメラデジタルビデオカメラなどのイメージセンサーに装着される、青緑色(シアン)・赤紫(マゼンタ)・黄色(イエロー)・緑(グリーン)のフィルター。センサーの素子そのものは色を判別できないため、色の三原色に緑を加えた4色のフィルターを用いて光の信号の強弱を捉え、それを元に色のデータとして再現する。一般的に原色フィルターに比べて感度が高いが、色の再現性に劣るとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

補色フィルター

 フォトセンサーに色フィルター(色分解フィルター)を被せる際、R/G/Bの3色を使用する 原色フィルター 方式に対し、Y/M/Cの3色のものを補色フィルター方式と呼んでいる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android