赤紫(読み)あかむらさき

色名がわかる辞典の解説

あかむらさき【赤紫】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな赤紫」としている。一般に、の中間の色をさし、色のイメージは幅広い。日本の伝統色では紫がかった紅染牡丹ぼたんが代表的。赤、あい、紫は天然染料の色として非常に古くからあり、赤紫も染料を重ねることで染色の名として使われてきた。一方、1856年にイギリスの化学者ウィリアム・パーキン(1838~1907年)が世界初の合成染料を発明、その色がモーブmauve)と呼ばれる赤紫色であった。産業としてみると天然染料から合成染料の時代へと移行するきっかけとなった色でもある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あか‐むらさき【赤紫】

〘名〙 赤みを帯びた紫色。明るい紫色。あさむらさき。律令制時代に定められた朝服の色では、深紫に次ぐ色とされた。
※続日本紀‐大宝元年(701)三月甲午「又服制。〈略〉諸王二位以下、諸臣三位以上者皆赤紫」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤紫の関連情報