コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤紫 あかむらさき

色名がわかる辞典の解説

あかむらさき【赤紫】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな赤紫」としている。一般に、の中間の色をさし、色のイメージは幅広い。日本の伝統色では紫がかった紅染牡丹ぼたんが代表的。赤、あい、紫は天然染料の色として非常に古くからあり、赤紫も染料を重ねることで染色の名として使われてきた。一方、1856年にイギリスの化学者ウィリアム・パーキン(1838~1907年)が世界初の合成染料を発明、その色がモーブmauve)と呼ばれる赤紫色であった。産業としてみると天然染料から合成染料の時代へと移行するきっかけとなった色でもある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あか‐むらさき【赤紫】

赤みを帯びた紫色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あかむらさき【赤紫】

赤みがかった紫色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

赤紫の関連キーワードジュモルチ石(データノート)菫泥石(データノート)木村石(データノート)葡萄染め・葡萄染ティガブラスト孔雀サボテン親田辛味大根エケベリアかきチシャ高雄曼荼羅横川ツバメアキメネス色の三原色イヌワラビオーキッドマゼンタクロトン炎色反応ストックバビアナ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤紫の関連情報