コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裸行 らぎょう

1件 の用語解説(裸行の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

裸行 らぎょう

伝説上の僧。
裸形ともかく。孝昭天皇(あるいは仁徳天皇)のとき,紀伊那智山(和歌山県)に熊野権現を勧請(かんじょう)して熊野那智大社をひらいたとされる。おなじ那智の青岸渡(せいがんと)寺,尊勝院,熊野新宮神倉の開山(かいさん)ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

裸行の関連キーワード孝安天皇孝昭天皇赫居世かもかくも裸形兎も角ともかくも天豊津媛命塩乗津彦智踰