コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孝昭天皇 こうしょうてんのう

6件 の用語解説(孝昭天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孝昭天皇
こうしょうてんのう

第5代に数えられる天皇。名はミマツヒコカエシネノミコト。懿徳 (いとく) 天皇の第1皇子。母は皇后アマトヨツヒメノミコト。大和掖上池心宮 (わきのかみのいけごころのみや) に都した。ヨソタラシヒメノミコトを立てて皇后とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうしょう‐てんのう〔カウセウテンワウ〕【孝昭天皇】

記紀で、第5代の天皇。懿徳(いとく)天皇の皇子。名は観松彦香殖稲(みまつひこかえしね)。都を大和の葛城郡掖上(わきのかみ)に移し、池心宮(いけこころのみや)と称した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孝昭天皇 こうしょうてんのう

記・紀系譜による第5代天皇。
父は懿徳(いとく)天皇。母は天豊津媛命(あまとよつひめのみこと)。伝説上の人物ともいわれる。「日本書紀」によると,都は掖上(わきのかみ)の池心(いけごころの)宮。孝昭天皇83年8月5日死去。93歳(「古事記」)。墓所は掖上博多山上陵(はかたのやまのえのみささぎ)(奈良県御所市)。別名は観松彦香殖稲天皇(みまつひこかえしねのすめらみこと)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

孝昭天皇

『古事記』『日本書紀』に第5代と伝えられる天皇。『日本書紀』によれば,懿徳天皇と,天皇の兄,息石耳命の娘天豊津媛命との間に生まれた。観松彦香殖稲天皇という。懿徳天皇を畝傍山南繊沙谿上陵(橿原市)に葬り,掖上(御所市)に池心宮を営んだ。長子の天足彦国押人命は和珥臣らの始祖と伝えられる。

(大平聡)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうしょうてんのう【孝昭天皇】

記紀所伝で、第五代天皇、観松彦香殖稲尊みまつひこかえしねのみことの漢風諡号しごう。懿徳いとく天皇の皇子。都は葛城の掖上わきがみの池心宮。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孝昭天皇
こうしょうてんのう

皇室系譜に第5代と伝える天皇。『日本書紀』によれば、国風諡号(しごう)は観松彦香殖稲尊(みまつひこかえしねのみこと)。懿徳(いとく)天皇の皇子で、母は天豊津媛命(あまとよつひめのみこと)。孝昭元年に即位して都を掖上(わきのかみ)(奈良県御所(ごせ)市北東部)の池心宮(いけごころのみや)に遷(うつ)し、同29年に世襲足媛(よそたらしひめ)を皇后とし、同83年に没して掖上博多山上陵(わきのかみはかたのやまのかみのみさざき)に葬られたという。『古事記』は、母を賦登麻和訶比売命(ふとまわかひめのみこと)、皇后を余曽多本(よそたほ)比売命とし、93歳で没したと伝える。[星野良作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone