製網機(読み)せいもうき(英語表記)netting machine

世界大百科事典 第2版の解説

せいもうき【製網機 netting machine】

糸あるいは針金を結び,あるいは組み合わせて(漁網,各種ネット)を作る機械網地には結節(結び目)をもつものともたないものとがあり,結節には本目(ほんめ)と蛙股(かえるまた)とがある。表に製網機の種類を示す。本目編網機には手動による(たて)網式と動力による緯(よこ)網式とがあるが,現在あまり使われていない。蛙股編網機は最もよく使用されているもので,ほとんど動力による緯網式である。経網は横方向にジグザグに走るを縦方向に結び合わせるもので,対称的なリング二つを作り,これに新しい網糸を通して既成部を引きしめると1列の本目結節ができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android