コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛙股/蟇股 カエルマタ

デジタル大辞泉の解説

かえる‐また〔かへる‐〕【×蛙股/×蟇股】

蛙がまたを広げたような形のもの。
蟇股社寺建築で、(はり)や(けた)の上に置かれる、輪郭山形をした部材。構造上必要な支柱であったが、のちには装飾化した。厚い板状のままの板蟇股と、内部をくりぬいて透かせた本蟇股とがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

蛙股/蟇股の関連キーワード平田 佐矩平田佐矩製網機水泳漁網

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android