コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛙股/蟇股 カエルマタ

1件 の用語解説(蛙股/蟇股の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かえる‐また〔かへる‐〕【×蛙股/×蟇股】

蛙がまたを広げたような形のもの。
(蟇股)社寺建築で、梁(はり)や桁(けた)の上に置かれる、輪郭が山形をした部材。構造上必要な支柱であったが、のちには装飾化した。厚い板状のままの板蟇股と、内部をくりぬいて透かせた本蟇股とがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone