コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製鋼業 せいこうぎょう

2件 の用語解説(製鋼業の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

製鋼業【せいこうぎょう】

鉄鋼業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

製鋼業
せいこうぎょう

鉄鋼業の一分野。鉄鋼業は、技術的には、(1)製銑工程(鉱石から銑鉄を生産)、(2)製鋼工程(銑鉄・屑(くず)鉄から鋼を生産)、(3)圧延工程(鋼を加工・成型し、レール、薄板、パイプなどを生産)の3工程からなる。製鋼業は(2)、あるいは(2)と(3)の生産工程をもつ企業をさし、産業分類を示す。製鋼業を構成する企業の形態は、〔1〕平・電炉メーカー(平炉・電気炉で、銑鉄・屑鉄を精錬し鋼を生産。現在の日本では平炉は使用されていない)、〔2〕単純圧延メーカー(鋼塊を購入しその圧延のみを行う)、〔3〕伸鉄メーカー(屑鉄を購入しその再圧延を行う)、〔4〕特殊鋼メーカー(銑鉄・屑鉄を購入、電気炉でステンレスなどの特殊鋼を生産)の四つである。日本では五大高炉メーカー(前記3工程をもち、銑鉄―鋼―鋼材を一貫生産)が鉄鋼生産の過半を占め、おもな製鋼企業は高炉メーカーの系列企業となっている。他の製鋼企業は中小企業といってよい。[松崎 義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

製鋼業の関連情報