過半(読み)かはん

精選版 日本国語大辞典「過半」の解説

か‐はん クヮ‥【過半】

〘名〙 なかばをぎること。半分を越えること。大部分
※凌雲集(814)神泉苑花宴賦落花篇〈嵯峨天皇〉「過半青春何所催。和風数重百花開」
※太平記(14C後)一六「小弐宗徒の兵をば皆頼尚に付て、其勢過半水木の渡にて討れぬ」 〔易経‐繋辞下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「過半」の解説

か‐はん〔クワ‐〕【過半】

半分を超えていること。「女性が出席者の過半を占める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「過半」の解説

【過半】か(くわ)はん

半ば以上。大部分。〔易、辞伝下〕(ああ)、亦た存吉凶を(もと)むるは、則ち居ながらにして知るべし。知る、其の彖辭をば、則ち思ひばにぎん。

字通「過」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android