複十字(読み)フクジュウジ

デジタル大辞泉「複十字」の解説

ふく‐じゅうじ〔‐ジフジ〕【複十字】

1本の縦棒と直交する2本の横棒で構成される十字の一種。第1回十字軍に参加したロレーヌ公ゴドフロワ=ド=ブイヨンが盾の紋章に使用したことから平和のシンボルとされる。第二次大戦中には、ナチスドイツによる占領に抵抗した自由フランスのシンボルとして、フランス国旗の中央に描かれた。1902年から結核予防運動のシンボルマークとして世界で使用されている。ロレーヌ十字。→複十字シール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「複十字」の解説

ふく‐じゅうじ ‥ジフジ【複十字】

〘名〙 結核予防を表わす万国共通の旗印赤色で「」の形に描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android