コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複合ターミナル ふくごうターミナル

世界大百科事典 第2版の解説

ふくごうターミナル【複合ターミナル】

貨物の協同一貫輸送のため,一つのターミナルに異なった種類の輸送機関のターミナル機能を一体化させたもの。貨物輸送においては,海上輸送と陸上輸送結節点として港湾が,航空輸送と陸上輸送の結節点として空港があり,これらは異種の輸送機関を結ぶ結節点として機能している。また鉄道の貨物駅,トラック・ターミナルのように陸上輸送相互の連絡をする役割をもつターミナルもある。これらのターミナルの機能はさまざまであるが,いずれにも共通することは,輸送手段特性に応じて,本線輸送と端末輸送を結合する機能を果たしていることである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android