コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協同一貫輸送(読み)きょうどういっかんゆそう(英語表記)intermodal transportation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

協同一貫輸送
きょうどういっかんゆそう
intermodal transportation

鉄道とトラック船舶とトラックなど複数の輸送手段が協同して,コンテナパレットなどのユニット・ロード・システムを用いて荷物を有機的に輸送する方式。積卸しのコストを低下させながら,技術革新によって多様化した各輸送手段の特徴を生かして,荷主の要望に応じた合理的な組合せを行うことによって,物流革新を目指すもので,フィッシー・バック (海運とトラック) ,ピギー・バック (鉄道とトラック) などの愛称で呼ばれている。協同一貫輸送を効果的に行うにはユニット・ロードの互換性,ユニット・ロードに適した車両や船舶,情報ネットワークなどの整備,荷役施設の近代化が要求される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうどういっかんゆそう【協同一貫輸送 co‐ordinated transport】

一定の大きさにまとめた貨物を,複数の交通機関が互いに協同して,発地から着地まで,荷姿を変更することなしに輸送する輸送方式。貨物を一定の大きさにまとめることをユニット化とよび,ユニット化のための手段はコンテナーやパレットである。また発地の荷主(発荷主)の戸口から着地の荷主(着荷主)の戸口まで一貫して輸送することは〈ドア・ツー・ドア〉の輸送とよばれる。このように協同一貫輸送は,(1)複数の交通機関が協同すること,(2)貨物をユニット化すること,(3)ドア・ツー・ドアの輸送をすることという三つの特色をそなえた輸送方式である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の協同一貫輸送の言及

【荷役】より

…荷役の合理化が進めば単に費用の節約になるだけでなく,複数の輸送機関相互の間での積込み,積卸しが合理化され,輸送手段の合理的な組合せ輸送が可能になるという効果をもたらす。鉄道とトラック,航空機とトラックのような異なった輸送手段を組み合わせることによって,複合輸送co‐ordinated transportがスムーズに行われるようになった。宅配貨物などにおける自動仕訳機の導入など,荷役に関連する物的流通関連機器の進歩も著しい。…

※「協同一貫輸送」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android