複本問題(読み)フクホンモンダイ

デジタル大辞泉の解説

ふくほん‐もんだい【複本問題】

公共の図書館が人気の新刊書を複数冊購入し、利用者に無料で貸し出すことが、書籍販売の妨げとなっているという指摘。
[補説]日本図書館協会日本書籍出版協会が平成15年(2003)に行った「公立図書館貸出実態調査」によると、ベストセラー作品の複本は平均2冊程度に過ぎないことなどから、書籍の販売不振にそれほど影響しないという見方もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android