コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐条葉枯病(ノシバ)

1件 の用語解説(褐条葉枯病(ノシバ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

褐条葉枯病(ノシバ)

春または秋に発生する葉枯性の糸状菌病。主に葉身に暗褐色、長さ2-5mm、幅0.5-1mm程度の条斑を形成する。多発すると、葉は黄化・枯死する。斑葉葉巻病の発生や除草剤散布により植物体が弱っているときに多発しやすい。病原菌は分生子を飛散して蔓延し、有性世代は植物体上では見つかっていない。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

褐条葉枯病(ノシバ)の関連キーワードごま葉枯病(テオシント)葉枯病(エンバク)斑点病(ライムギ)赤葉枯病(チモシー)葉枯病(チモシー)黒葉枯病(アカクローバ)すす点病(アカクローバ)黒葉枯病(シロクローバ)すす点病(シロクローバ)すす点病(アルサイククローバ)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone