コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐輪反応 かつりんはんのう

デジタル大辞泉の解説

かつりん‐はんのう〔‐ハンオウ〕【褐輪反応】

硝酸イオンおよび亜硝酸イオンを検出するための反応試験。試験管濃硫酸をとり、それと等量硫酸鉄(Ⅱ)を静かに注ぎ、次に試料溶液を少しずつ流し込む。硝酸イオンが存在すると、2つの液の境界面に褐色の輪が生じる。褐色環反応褐色環試験

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

褐輪反応
かつりんはんのう
brown ring reaction

褐色環試験ともいう。硝酸イオンおよび亜硝酸イオンの検出反応。試験管に濃硫酸をとり、それと等量の飽和硫酸鉄()溶液を静かに加え、2液が混合しないようにして、試料溶液を試験管の内壁に伝わらせながら静かに注入すれば、2液相の境界に暗褐色の帯状部が生ずる。これは
  3Fe2++NO3-+4H+
   ―→3Fe3++2H2O+NO
によって生ずる一酸化窒素NOが鉄()塩と結合して不安定な化合物[Fe(NO)x]SO4を生成するためとされている。加熱すれば暗褐色帯状部は消失する。[成澤芳男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の褐輪反応の言及

【硫酸鉄】より

…水溶液はゆっくり酸化される。NOを吸収して不安定な化合物FeSO4・NOをつくり褐色を呈するので,NO3およびNO2の検出に使われる(褐輪反応)。若干の1価金属MIの硫酸塩とMI2SO4・FeSO4・6H2Oのようなタットン塩をつくり,とくに(NH4)2SO4との複塩はモール塩として著名である。…

※「褐輪反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

褐輪反応の関連キーワード暗褐色

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android