コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襄楷 じょうかいXiāng Kǎi

世界大百科事典 第2版の解説

じょうかい【襄楷 Xiāng Kǎi】

中国,後漢末の学者。生没年不詳。字は公矩(こうきよ)。平原郡隰陰(現,山東省臨邑県の西)の人。天文・陰陽の術をよくした。桓帝のとき,宦官の専横はなはだしく,政治が乱れた。そこで彼は,おりから頻発した災異にことよせて,政治の綱紀をただすべく2度にわたって上疏したが,かえって上を誣(し)いるものとして罪を受けた。のち,霊帝が即位するに及んで主張が認められ,方正に挙げられたり博士として招聘をうけたが応じなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone